検索

頭囲(頭の大きさ)測定の意義

乳児健診では身長・体重・胸囲とともに必ず頭囲(頭の大きさ)を測定します。頭囲は脳の発育を示す重要な指標となるので正確に測定する必要があります。また、他の3測定項目の中で栄養による影響が最も少なく、栄養失調に陥ると「体は痩せ細っているのに頭が異様に大きく見える」状態になります。家族性もあり、「父親が子どもの頃から帽子のサイズが人より大きかった」などのお話を聞くことがあります。それでも基準値をはるかに越える大きさ、予測値を上回る大きさの場合は水頭症や脳腫瘍などを疑われますので脳神経外科医による詳しい検査が必要になります。「頭が大きい?」と感じたり、「調べた方がいいのでは?」周囲から指摘されたときには放置せずにまずは小児科医にご相談ください。

参考資料


20140703-頭囲計測の意義
.PDF
Download PDF • 140KB

20140703-乳児の頭の大きさや形について
.pdf
Download PDF • 135KB

20140703-水頭症ってなに?
.pdf
Download PDF • 621KB

20140703-Neuroinfo Japan:水頭症
.pdf
Download PDF • 402KB

20140703-小児の水頭症 _ 水頭症.jp
.pdf
Download PDF • 164KB

20140703-小児の水頭症の原因 _ 小児の水頭症 _ 水頭症.jp
.pdf
Download PDF • 119KB

20140703-小児の水頭症の診断 _ 小児の水頭症 _ 水頭症.jp
.pdf
Download PDF • 173KB