検索

蕁麻疹

蕁麻疹は皮膚の状態であり病名を表すものではありません。赤く(時には白く)地図状に盛り上がり痒みを訴えます。形状、範囲、場所が刻々と変化。重症例では喘息発作様の呼吸困難、胃腸炎症状、高熱等の強い全身症状を伴います。また、短時間で消褪する急性ものから、時には週単位、月単位と長く出没する慢性のタイプもあります。一般的に信じられているほどには食事のアレルギーからくるものは少なく、その多くは何らかのウィルス感染症、マイコプラズマ感染症、物理的刺激(寒冷・温熱・発汗など)、精神的緊張(強いストレス)などに伴って出現するタイプです。背景疾患の治療や環境整備に加え、痒みを緩和する対策を講じます。重症型は生命に危険を及ぼす可能性もあるため入院治療を選択します。 参考資料

20130922-じんましんを知ろう!げんきキッズクリニック
.PDF
Download PDF • 175KB

20130922-じんましんについて_いのうえ小児科アレルギー科クリニック
.PD
Download PD • 144KB

20130922-Hives (Urticaria) kidsHealth1
.P
Download P • 319KB

20130922-Hives (Urticaria) kidsHealth2
.P
Download P • 316KB

20130922-Kids Health Info _ Hives
.pdf
Download PDF • 350KB