検索

■ 目が内側に寄っているような気がします?

「目が内側に寄っているような気がします」と質問をお受けすることがあります。乳児健診での相談がほとんどですが、その程度により眼科医をご紹介することにしています。多くは鼻根部が幅広いために眼球結膜(通称:白目)の内側が隠れてしまうことで見かけ上寄って見える「仮性斜視(通称:寄り目)」と診断されます。成長とともに鼻根部が狭くなり見かけ上の斜視が解消します。病的な斜視を放置するとやがて弱視に発展してしまいますので、眼科医の正確な診断と慎重な追跡が必要です。診察時には正常眼位でも時々斜視になる「間歇型斜視」もあります。顔を正面から撮影したスナップ写真(リラックスした状態で斜視が出やすい?)が有益な情報となりますので、診察の際にご持参いただくことをお勧めいたします。

参考資料

20130212-6
. 幼児の場合-子どもの視力に注意を _ 赤ちゃんの目の病気
Download 幼児の場合-子どもの視力に注意を _ 赤ちゃんの目の病気 • 269KB
20130212-視力の発達 子どもの目の病気 _ 東御市民病院
.PDF
Download PDF • 186KB
20130212-家庭で出来る斜視の見つけ方
.pdf
Download PDF • 281KB
20130212-斜 視 の 早 期 発 見 ・ 予 防
.pdf
Download PDF • 58KB