検索

■ 泣き入りひきつけ(憤怒痙攣)

ビックリしたり、痛みや怒りに対して激しく泣きだし、そのまま声が出なくなって顔が紫色になる現象があります。それを「泣き入り」と呼びます。呼吸が止まり血中酸素濃度が低下した結果、顔にチアノーゼが現れ、意識がもうろうとして最終的に痙攣(ひきつけ)をおこしてしまします。多くは激しく泣いた後に呼吸が止まるのですが、第一声が出ないまま呼吸が止まるタイプもあります。熱性痙攣やてんかんとの区別(鑑別)をしなければなりせん。成長とともに徐々に発作頻度は減少し、5~6歳頃には消失してしまします。呼吸中枢の未熟性に起因しているようです。

参考資料 舟入こども救急室(広島)より

20121121-泣き入りひきつけ 舟入こども救急室
.PDF
Download PDF • 84KB

熊本市の小児科 さかぐち小児科医院(予防接種・乳児健診)

096-331-7772

〒861-8043 熊本県熊本市東区戸島西3-1-35

(国体道路を阿蘇方面へ走り熊本市立長嶺小学校正門前)

  • さかぐち小児科医院Facebook
  • さかぐち小児科医院Twitter
  • さかぐち小児科医院line

※木曜日午後・日祝祭日休診

※乳児健診・予防接種<要予約>
※火・水・金 14:00~15:00

※土「△」14:00~16:00
※指定の時間以外及び月・木・土にも適宜ご予約をお受けします。

Copyright (c) Sakaguchi Kids clinic All Rights Reserved.