検索

■ 手が動かず泣いています!

小さなお子様が急に手をだらりと下げて痛みを訴えることがあります。万歳をさせても痛みを訴える手は上に挙がりません。骨折や捻挫の可能性(外傷機転)が無ければ、肘内障(ひじの亜脱臼)が考えられます。寝ているお子様を手を引いて起こそうとする、走り出そうとしたお子様を手を引いて止めようとする、寝返りをした際に肘を捻じってしまう、などで肘の関節に亜脱臼(部分的な脱臼)をおこした状態です。ほとんどは小児科医で対応できますが、長く放置した例や、脱臼の程度により、また骨折や捻挫の可能性もある例は整形外科医をご紹介します。乳幼児がほとんどで小学生になると見かけなくなることから、関節構造の発達と関連があると思われます。

参考資料

20121227-「肘内障」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
.pdf
PDF • 287KB
20121227-小児肘内症
.pdf
PDF • 146KB
20121227-子どもの肘が抜けたら(肘内障)熊本県保険医協会
.PDF
PDF • 131KB