検索

季節の便り 気管支喘息発作

最近の外来には咳や喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒュー)を訴えるお子様が多くなりました。ほとんどは吸入をすると咳が減り元気になりますが、発作が強い場合には外来点滴治療、さらに呼吸困難が改善しない場合には入院治療も必要になります。喘息発作は9月下旬から少しずつ多くなり10月をピークに11月中旬になると減少し始め、嘔吐下痢症や発熱の子供たちと入れ替わります。毎年繰り返す現象。小児科医は頭の中に病気日めくりカレンダーを持っています。咳やゼーゼーは秋の到来を告げる季節の便りなのです。

熊本市の小児科 さかぐち小児科医院(予防接種・乳児健診)

096-331-7772

〒861-8043 熊本県熊本市東区戸島西3-1-35

(国体道路を阿蘇方面へ走り熊本市立長嶺小学校正門前)

  • さかぐち小児科医院Facebook
  • さかぐち小児科医院Twitter
  • さかぐち小児科医院line

※木曜日午後・日祝祭日休診

※乳児健診・予防接種<要予約>
※火・水・金 14:00~15:00

※土「△」14:00~16:00
※指定の時間以外及び月・木・土にも適宜ご予約をお受けします。

Copyright (c) Sakaguchi Kids clinic All Rights Reserved.