検索

■ ピロリ菌感染症

最近よく「ピロリ菌感染症」の話をよく聞くようになりました。胃内視鏡検査の結果を聞く際に、「胃に慢性胃炎の所見がありピロリ菌が陽性でした」と説明を受けた方も多いと思います。除菌療法が保険適応になり、3剤併用療法(内服)を勧められます。ピロリ菌は一度感染すると自然消失例はほとんどなく持続的に感染し、胃粘膜を傷つけて胃に炎症を起こします。慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫(悪性リンパ腫の1つ)、胃がんの原因になることが分かっています。ピロリ菌に感染していても、全員がかならず胃に病変ができるわけではありませんが、胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割がピロリ菌感染によって起こり、除菌によって治癒する症例が多いとされています。ピロリ菌の感染は乳幼児期から始まり(口移し食事等)、6~10歳が大部分を占め、15歳以上になると感染陽性率は横ばいになるようです。最近、小児期の慢性腹痛や貧血にピロリの関与を考える必要があると言われ始めました。ピロリ菌感染は大人だけの病気ではないことを考えなければなりません。日本国内では小児ピロリ菌感染の正確な診断と治療が行える医療機関は少なく、順天堂大学医学部小児科・思春期科学教室がその一つです。以下の資料をご紹介いたします。

参考資料

20130728-日本小児外科学会 胃潰瘍・ピロリ菌
.PDF
Download PDF • 240KB
20130728-ピロリ菌 医療法人社団 山本内科クリニック
.PDF
Download PDF • 170KB
20130728-ピロリ菌って何なの?|病気のことをもっと知ろう
.pdf
Download PDF • 149KB
20130728-ピロリ菌と怖い胃の疾患|病気のことをもっと知ろう
.pdf
Download PDF • 247KB
20130728-ピロリ菌の感染原因 _ ピロリ菌のお話.jp
.pdf
Download PDF • 277KB
20130728-世界を席巻するピロリ菌|病気のことをもっと知ろう
.pdf
Download PDF • 213KB
20130728-小児の年齢別ピロリ菌感染率 市民のみなさまへ _ 日本消化器病
.
Download • 83KB
20130728-ピロリ菌と胃がん 一般のみなさまへ _ 日本消化器病学会
.PD
Download PD • 285KB
20130728-ピロリ菌 順天堂大学医学部小児科・思春期科学教室 | 順天堂大
.
Download • 175KB