検索

オスグッド病

膝下の骨(脛骨)が突出して赤く腫れ痛みを伴い運動に支障が生じることがあります。痛みが強く正座が出来ません。私自身も中学生のころに同部位が腫れて痛かった思い出があります。オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)10~15歳の成長期の子どもに多い病態で、治療は保存療法が主体となります。局所を冷却し、運動を制限して治癒を促します。良性の病気ですが、体育や運動系部活には支障が出ますのでご紹介いたしました。診断と治療は整形外科医にお任せします。思い当たる方はご相談ください。

参考資料


20140622-「オスグッド病」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
.pd
Download PD • 314KB

20140622-オスグッド病 _ 医療法人松田整形外科記念病院
.pdf
Download PDF • 574KB

20140622-Osgood-Schlatter Disease
.pdf
Download PDF • 314KB

熊本市の小児科 さかぐち小児科医院(予防接種・乳児健診)

096-331-7772

〒861-8043 熊本県熊本市東区戸島西3-1-35

(国体道路を阿蘇方面へ走り熊本市立長嶺小学校正門前)

  • さかぐち小児科医院Facebook
  • さかぐち小児科医院Twitter
  • さかぐち小児科医院line

※木曜日午後・日祝祭日休診

※乳児健診・予防接種<要予約>
※火・水・金 14:00~15:00

※土「△」14:00~16:00
※指定の時間以外及び月・木・土にも適宜ご予約をお受けします。

Copyright (c) Sakaguchi Kids clinic All Rights Reserved.