検索

くる病(Rickets)と日照時間


過度に紫外線を浴びることは、シミやしわが生じやすくなり、将来の皮膚がん発症リスクが高まる等の弊害があることが指摘されています。一方で、紫外線を嫌い、また最近では放射能汚染を怖がるあまりに外出を極端に控えることにより生ずる「くる病」の発症が危惧されています。適度な日照は、乳幼児の骨成長に欠かせないビタミンDの活性化を促進するために必要な行為です。真っ黒になるまで日焼けする、逆にほとんど日を浴びない、両極端な生活様式は改めなければなりません。ビタミンDの活性が低下すると、骨が縦方向に伸びなくなります。その結果、身長が伸びず、手足が湾曲し、横方向に拡がった骨端により手首や足首、肋骨の一部が膨らみます。ビタミンDは食事や治療薬物として摂取するだけでは十分な働きが出来ません。必要な日照時間には国の差、国内でも地域差、同じ地域でも住居の条件により違いがあることが考えられます。以下の資料を参考に日常生活を見直してみましょう。


20130929-くる病とは _ くる病 _ 疾患情報 _ 骨系統疾患コミュニテ
.
• 99KB

20130929-くる病の原因 _ くる病とは _ くる病 _ 疾患情報 _ 骨
.
• 70KB

20130929-リンとくる病 _ くる病とは _ くる病 _ 疾患情報 _ 骨
.
• 113KB

20130929-ビタミンDの食事摂取基準 _ くる病 _ 疾患情報 _ 骨系統
.
• 152KB

20130929-くる病 江副クリニック
.PDF
PDF • 253KB

20130929-体内で必要とするビタミンD生成に要する日照時間の推定 -札幌の
.
• 624KB

20130929-1Rickets - MayoClinic.com
.pdf
PDF • 146KB

20130929-Kids Health Info _ Rickets Vita
.
• 469KB